パートナーとの海外生活に憧れて♪

Pocket

みなさん、おはようございます。

寒さも落ち着き、だんだんと春らしくなってきました。

さて、今日2月17日は何の日でしょうか。

『中部国際空港(セントレア)の開港記念日』なんだそうです!

2005年の開港当時、

私達、夫婦ともに、成田空港にある航空会社に勤務しておりました。

学生時代を過ごした大好きな愛知県に新空港が開港するということで、

私はなんとか、空港立ち上げの仕事ができないかと、

何度も人事面接で(名古屋転勤の)お願いをしていたことを覚えています。

特に、空港を建設していた「常滑市」は、

私が大学の4年間所属していました「ヨット部」の合宿所があり、

毎週末通っていた、とても愛着のある町でした。

そんな願いもむなしく、

残念ながら、上司へのアピールは届かず、

セントレアへの転勤は叶いませんでした。

しかし、何かの偶然か、

はたまた、上司や人事部のやさしさか、

当時「真剣交際中」(現在の妻)だった香織が、

名古屋空港(小牧空港)⇒セントレアへの『移転応援要員』として、

成田から小牧・常滑に数か月間派遣されたのです。

学生時代(実家の札幌から)何度も利用させてもらった、旧名古屋空港。

その最終フライトを見送り、

新しく開港するセントレアで、初便のハンドリングをする。

こんな羨ましい経験を、香織はさせてもらえたんです。(嫉妬)

私はというと、開港日の2005年2月17日は有給休暇を取り、

成田発セントレア行の初便に、客として搭乗しました。

開港日に降り立ったピッカピカの空港、

飛行機を眺めながら入れるお風呂、

働いている香織をお構いなしに、新空港を満喫しました。

(完全に、マニアックな飛行機オタクです。)

(画像参考:セントレアホームページ)

その年の、7月に私たちは入籍し、10月に結婚式。

その2週間後には、アメリカ/シカゴ空港へ海外転勤となりました。

今から14年前、2005年は、とても記憶に残っている1年でした。

話は大きく逸れてしまいましたが、

今日の記事は、こんなお話をさせていただきたいと思いました!

少し長いですが、お読み頂けますと幸いです。

さて、

先日お問い合わせがあった女性から、次のような質問がありました。

「海外に住んでいる男性との結婚を希望しているのですが・・・」

このようにお考えの方は、結構多いのです。

「一度は、海外で生活してみたい。」という夢や、

「海外勤務をまかされるような男性をサポートしたい。」という願い。

そういう願望がある女性こそ、

是非、結婚相談所をご利用いただきたいと思います。

逆にいうと、

実際に、ご入会いただき、サービスを受けない限りには、

そのような男性に、なかなか出会うことができないように思います。

結婚相談所は、

「結婚できない方」に「結婚していただく」サービスではありません。

「出会いはたくさんあるんだけど・・・」という方が、

短期間で、好条件(ハイスペック)の、

理想の異性との出会いのきっかけを提供するサービスです。

IBJ日本結婚相談所連盟の会員数63,000人以上の中で、

現在、海外で勤務している日本人男性は、

130名以上いらっしゃいます。

そして、それ以上に

海外勤務の可能性の高い企業に勤めている男性も多くいます。

そういう方を選び、

お見合いをお申込みをしていくことで、

「海外での生活」の可能性は高まることと思います。

結婚相談所に入会することで、

もちろん、このような男性を探して、選んで、

お見合いの申し込みをすることは誰でも可能です。

ですが、

ブライダルサロンブーケの会員さんにも数名おりますが、

そのような男性は人気があるのも事実です。

出会う機会はありますが、

選ばれるためには、魅力的な女性である努力も必要です。

先ほども述べましたが、私たち夫婦は、

結婚してからすぐにアメリカへ海外転勤となりました。

結婚式を挙げた2週間後に(妻を社宅に残し)赴任しました。

一度も訪れたことのない都市での勤務です。

英語もまったく話せず、住居が決まるまではホテル暮らしです。

その時に、本当に感じたことは、

「海外赴任する前に、結婚できてよかった。」

ということでした。

当時、会社の同僚や後輩は、独身で海外赴任している人も多く、

少なくとも2~3年は、結婚が遅れてしまうことになります。

そういう男性が、

今は結婚相談所のサービスを利用しているのです。

日本に一時帰国したタイミングで、お見合いをセットする。

残りの駐在期間、一緒に過ごしてくれる人を探したい。

そう感じている男性が、IBJ会員の中だけでも、130名以上いるんです。

海外勤務の男性と結婚したい!

という女性。

海外転勤前に、結婚したい!

転勤してしまったが、日本人女性と結婚したい!

という男性。

ネットが普及している現在、

海外にいても結婚相談所のサービスを受けることはできます。

海外転勤の貴重な時間を、

素敵なお相手とすごせるように、

私たちが、その力になれることができれば、嬉しいです。

私たちブライダルサロンブーケの加盟しています、

IBJ(日本結婚相談所連盟)には、

「1,922社」(2019年1月末現在)もの加盟相談所があります。

ちなみに活動している会員数は、

「63,150人」(2019年1月末現在)にもおよびます。

こんなにも多くの人が入会して、実際に活動しています。

毎月、2,000人以上の「結婚したい」男女が入会しています。

では、「僕も(私も)入会しよう!」と思った時に、

どの相談所に行けばいいのでしょうか?

なんせ、同じIBJ加盟の相談所がたくさんあるからです。

何社あるんでしたっけ?

そうです、、「1,922社」もあります。

その中から、あなたにピッタリの相談所を選んでいただくわけです。

どんな風に選べばいいのでしょうか?

・会員数がとにかく多い結婚相談所

・自宅から近い結婚相談所

・仲人さんが親しみが持てる結婚相談所

・料金がリーズナブルな結婚相談所

など、人によって優先することは違うと思います。

私たち、ブライダルサロンブーケでも、

「誰でも入会してほしい!!!」というのではなく、

私たちの強みをアピール、

それに少しでも「ピンッ!」ときた方へ、

入会いただきたいと思っています。

私たちの強み!

・結婚14年目の夫婦が二人で運営している

・この仕事を始める前の会社員時代に、2年半の海外駐在経験がある

・加盟するIBJにて、セミナーの講師も担当させていただいている

・男性・女性・父親・母親の立場から、アドバイスさせていただく

『海外転勤』・『駐在』・『婚活』といえば、

『ブライダルサロンブーケ』

海外転勤の可能性のある方、

現在、海外に住まれている方、

駐在から帰国し、婚活を考えてる方、

そして、そんな男性の奥様として付いていきたい方、

こんな私たちの相談所へ、

少しでも「ピンッ!」ときた方、一度、お話しを聞かせてください。

 ⇒「ブライダルサロンブーケ:お問い合わせ」

「1,922社」ある相談所の中からの、一つの選択肢。

皆さまからのお問合せをお待ちしております。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。