海外出張が多い男性との成婚について

ブライダルサロンブーケでは、

私達夫婦ともに、海外赴任を経験したことから、 

男性:海外赴任を予定している男性/海外駐在中の男性

女性:海外生活に憧れている女性/海外転勤の男性についていきたい女性 

このような独身男女から、ご相談をいただく機会がございます。

そうした現状から、婚活に関心のある男女のみなさまへ。

本日は、 「海外出張が多い男性との成婚について」 

ご紹介したいと思います。   

まずは、男性目線になると・・・・・

【女性側にわかってもらえると嬉しいこと】  

・日本を不在にする期間が長いことについてご理解いただきたい。(出張だと、数カ月。赴任だと、2~5年くらいのイメージ) 

・お見合いや交際など、日本に一時帰国できるタイミングに合わせて組む、 帰国後の空港周辺でお会いする、など、限られた時間内に、工夫してできるだけ 会えるように、協力してもらえたら有難い。 

 ・交際中の彼女や、結婚後の奥様として、仕事で家を空ける時間の多い彼を理解し、 1人でいても楽しめる趣味や遣り甲斐、自分らしく輝けるコミュニティなどを見つけ、 たくましく暮らしていける女性だと、とても頼もしいと思う。 

・海外生活では、現地のコミュニティに上手にとけこみ、男性がより輝けるよう、奥様としての役割をそつなくこなしてくれる女性がパートナーには望ましい。(日本人の奥様会や、ホームパーティーなどを頻繁に行い、彼のお仲間をご招待するなど) 

・交際の進め方や、結婚準備など、日本で準備し、済ませていけるものはできるだけ短時間で済ませ、速やかに海外に向かえるように、スケジュール面や女性の仕事面でも、スピード感をもって、男性側に合わせていける女性だと助かる。 

などなど。 

では、次は、逆に、女性の立場から考え、

‘海外にご縁のある男性に選ばれる為に’

工夫をしたり、努力できることについて、考えてみます。

【海外にゆかりのある人と結婚する為に心がけたいこと】

・英語や現地の言葉がどれだけ話せるか、というスキルよりも、もっと男性側が大事にしたいこと。 現地のコミュニティーに、いち早く馴染み、彼と一緒に、多くのファミリーや職場の仲間と 食事をしたり、会話をしたり、といったこと。積極的に関わりを楽しめる女性が理想的♪ 

 ・お見合いや、デート、結婚準備など、日本にいる男性と比較すると、どうしても時間に制限があることも大いに予想される、海外出張や海外赴任の多い男性たち。そういった事情に配慮し、女性側ができるだけ合わせ、フットワーク軽く動けるようにしておく。  

・急に、男性側の海外赴任が決まり、すぐにでも男性が海外へ向かう事もあり得る。いざ、そうなった時、女性側のお仕事や家、家族はどうするのか? どのタイミングで伝え、いつ頃、現実的に、自分も海外に移動できるのか?そういったイメージを、早い段階から持ち、自身のキャリアや、退職、引っ越しについて考えておくべき。 

・男性たちは、いつ海外へ向かうことになるか、その限られた時間の中で、できるだけ「効率的に」「短期間で」「日本に居るうちに」結婚相手を選ぼうと、真剣に婚活をされています。

女性は、大事なタイミングで、彼の気持ちに即答できるように、いつ、結婚して下さいと言われてもOKなように、心づもりしておけるとGOOD。 (結婚相談所では、初期段階は、同時進行も可能な場合があります。もし、同時に交際している女性が2名いたとして、自分以外の、もう一方の女性が、彼からの真剣な告白に対し、「はい」とその場で即答したら、間違いなく、そちらの女性を、男性は選ぶものだと心しておいた方が良さそうです。) 

 海外に憧れる女性にとって、日本でのお相手探し以上に、日頃心がけておくことが少し多くなりますが、 逆に考えると、上記にあげたポイントさえ、しっかりとおさえておけば、海外出張が多い男性や、海外赴任が予定されている男性から「最も選ばれやすい女性の1人」になれるといっても、過言ではないと思っています。  

  以上、 「海外にゆかりのある男性との結婚」に向けて、おさえておきたいポイントでした♪  参考にして頂けましたら幸いです。  

男性会員様☆両家お顔合わせに向けて♪

今日は、ブライダルサロンブーケ、男性会員様のご報告です♪  

30代男性会員様が、お付き合いしている女性とのご成婚の意思を固められ、お互いの親御様に、ご紹介を済まされ、現在は、ご両家でのお顔合わせに向けて動き始めているところです。 

ご両家で和やかな雰囲気で進めて頂けたらいいなと願っています☆ 

先日の、30代男性会員様のご成婚に続き、こちらの男性のご成婚についても、いつか皆様にお伝えできる日が来たら♪ととても楽しみに見守っているところです。  

会員様のご成婚を迎えるたび、 「この人しかいない!」と、男女ともに強いお気持ちをもって、パートナーを選ばれる瞬間や、それを受けて、お互いのご両親が、とても喜ばれるお姿には、いつも私達仲人は、幸せに思い、深く感動するものです。  

これまでの、会員様それぞれの婚活の歩み、頑張り、苦労されたことなども同時に頭をよぎり、やっと手にした最高の幸せに、彼らの溢れる笑顔に。

こちらも、大きな喜びと達成感を味わえる瞬間であります。

お見合いで出会ってから、これまで、彼らがご成婚に向けて、取り組んでいらっしゃったことと言えば♪  

・いつも通りの楽しいデートを続けていくこと

・お互いの結婚観をすり合わせていくこと  

「理想」と「現実」の差を埋めるように、この2つを、見事に、同時に、クリアにされたお二人でした!   

よく、アツアツの交際中のお二人なら、 「今、二人でいられる、この楽しい感じを、壊したくないから、あまり現実的な話や、結婚に向けた、具体的な話は、もっと後からでいいんじゃないかな。」と考えるかたも、いらっしゃるでしょう。 

もちろん、お見合いで初めてお会いできた時や、初デートの、お付き合いまもない、ほやほやの時に、いきなり、切り出すお話ではないかもしれませんね。  

ですが、結婚相談所では、お見合いからご成婚までの「交際期間が3か月」というマナーがあります。 

出会って、3か月以内に、大事な決断をしていく必要がある。 

こうなった時に、「楽しいからしばらくこのままで」と、大事なお話をすることを、先延ばしにしていては、あとあとになってから、「そんなことは知らなかった。こんなはずではなかった。もっと早く話してくれたらよかったのに」と慌て、お互いにとっての「貴重な時間」を奪ってしまう結果になる・・・なんて心配もあります。  

・大事なことだからこそ早い段階で、真剣にお相手にお伝えをしておく。

・お互いに、どんな時でも、逃げずに本気で向き合っていく。こういった姿勢を、交際初期から貫いていらっしゃったお二人でした。  

もちろん、お二人は、「日常的な平凡なデート」をする『楽しさ』『ワクワク感』も、同時に持てるように、工夫されていました。

このバランス感覚が素晴らしいなと、いつも、お二人の婚活状況を拝見して思っていました。   

結婚に繋がる出会いにしていくためには、この「バランス」が、とっても大事なのかもしれませんよね。

今回のカップルをみていて、あらためて、そう感じました。 

さぁ、ご成婚退会まで、あと少しかな? 引き続き見守ります。    

彼らに続く、お似合いカップルの誕生に向けて、

仲人夫婦、さらに、会員様たちのサポートに、力を入れていきます!  

男性会員様☆失恋からの快進撃♪

ブライダルサロンブーケの男性会員様たちが、偶然、同じ時期に、大切にされていた恋が、途中で終わりを迎えてしまうという、残念な出来事がありました。

「あと一歩で真剣交際に発展できたはずなのに・・・」 

そんな苦いご経験を胸に、担当カウンセラーの私と相談をし、 彼らが選んだ道は、 「ここで止まらず、新しい恋を見つけること」 でした。  

失恋から立ち直り、吹っ切れるのが早いのは、男女、どちらが多いかと言えば、なんとなく、女性のほうがあっさりしていて、切り替えが早い、というイメージを持っていた私ですが♪  今回の男性陣の姿をみていて、頼もしいなぁと感じました。  

恋が破れ、彼らが真っ先にしたことが、 

①「ピックアップ」と呼ばれる、有料ページにプロフィールを掲載し、より多くの異性の目に触れられるようにと、チャレンジされました。 

②また、こまめにチェックをして、空きをみつけては、すぐに、希望の条件にあった、「婚活パーティー」への参加申し込みも行いました。  

③さらに、じっとしてはいられませんので、直後に、新しい出会いに向けて、ご自身から、気になる女性たちに「お見合いの申し込み」も、一気に、どどーんと、送りました。 

その他 ④写真の投稿がオススメですとお伝えしていますので、定期的に、「フォト」を投稿し、日常の風景や趣味、好きな事などをシェアし、共通の話題で盛り上がれそうな異性との出会いを探していらっしゃいます。  

⑤仲人からの「ご紹介」にも目を通し、少しでもチャンスを広げられるようにと、ご自分から、積極的に、お見合い成立に向けて、ご紹介の異性に対してもアプローチをしています。  

恋が終わったと同時に、今あげただけでも、出来る事が、まだまだ沢山あるのですね。

 順調だった交際が、突如、交際終了になってしまった時。  

ついつい、誰しも、すぐには受け入れられずに、 

「自分のどこがいけなかったのだろう?」

「相手も、あまり協力的じゃなかったよね。」

「あの時、こうしていれば違っていたのかな?」

「あー、つらいよぉ、ショックすぎるよぉ(´;ω;`)」 と、傷ついたり、落ち込んだり。 

考えても、もう元には戻らないとわかっていても、あの時、あーしていればと後悔をしたり、相手に思わず、恨み節だったり。 

どこにもやり場のない、しんどい気持ちと、ずっと戦ってしまいがち。   

もちろん、気持ちに素直になって、現状を受け止め、しっかり向き合う時間。

見つめる時間。 

つらい、しんどい、悲しい、あんなに頑張ったのにと、落ち込む時間も大切だと思います。  

でも、ずっとそうしていても仕方ないとも、ご本人たちは、心のどこかでわかっていらっしゃることも多かったりします。  

この、つらかった経験や、しんどい気持ち、後悔していること。そういったことを、「次へのエネルギーに変えられるかどうか。」  

このことが、婚活が、その後もうまく運んでいけるかの違いを生むのかもしれませんね。  

冒頭の、男性会員様たちに、お話をもどしますと♪  

①~⑤のアクションを起こしたところ。  

その全員が、 見事即、「お見合い成立」したのです! 

しかも1件ではなく、2件、3件と立て続けに!!

中には、『自分では無理だろうと思っていた女性でしたので、今回、OKを頂けて驚いています。お見合い頑張ります。』とおっしゃっている男性も。

ほんとに、落ち込んでいる暇はありませんでしたね(笑)  

彼らは、出張が多く、全国や海外に出向くことが頻繁にある男性たち。  

それだけ、意識的に、「出会い」を大切にされていますし、新しいご縁にも積極的です。 

そして、話題がとっても豊富で、お話をしていて、飽きることがありません。 

また、「おいしいお店」にも敏感で、常に、評判のお店や、新しくできたお店などにアンテナをはっているタイプなので、デートの行き先を決める時も、安心してお任せできる、頼もしい男性たちです。  

実際に、お会い頂き、お話をして頂けると、きっと、女性の皆様に、彼らの魅力に気付いて頂けると思います。  

今でこそ、とっても、アクティブな印象の彼らですが、ブライダルサロンブーケにご入会した頃から、ずっとこのようだったかと言えば、これが、そうでもないのです。  

ご活動開始されたばかりの頃は、 1件1件のご縁が、うまくいったかお断りだったかという目先の結果に、とても過敏に反応し、 「またお断りでした、ショックです。」「もう僕はダメなのでしょうか。」「すっかり落ち込んでしまい、活動を続ける自信がありません。」 なんて、時に、弱音をこぼしたり・・・。  

婚活をスタートしたばかりの人にとっては、あるある、なのかもしれません。 

ですが、彼らの凄いところは、そこで立ち止まったままだったり、途中で諦めたりしなかったこと。

「今回はダメだったかもしれないけれど、次にはきっとと思って、頑張ります!」 と、何度も、どん底から這い上がってきてくれたのです。

女性に優しく、男性に厳しい!?

担当カウンセラーのわたしに、鍛えられたのかも?(笑) 

活動を通して、ある程度の場数を踏んできて、様々な出会いに触れられました。  

彼らは、婚活を続けるうえで、これから、何が起こっても、きっともう大丈夫♪ 

このように思えるほど、彼らとの信頼関係が、お互いに築けたことに、喜びと感謝の思いでいっぱいです。  

「ご成婚」という目標に向かい、「今できること」を地道にチャレンジし続けるのみです。

  出会いの数だけ、経験値もアップされていますので、 あとはもう、「ご成婚」しかない、そう思える男性たちです。   

いつか、こちらのブログで、ご成婚エピソードとして、彼らにご登場頂ける日を楽しみに(*^^*) 

引き続き、精一杯サポートをさせていただきます。  

婚活をしている男女に、彼らの姿を見て、一番伝えたいことがあるとしたら♪

「失恋した時こそが、大きなチャンスかもしれないよ」 ということでしょうか。

皆様の恋が実りますようにと願っています。 

20代女子たちのお悩み

最近、特に、20代の女性たちのお話を伺うことが多かったので、

彼女たちのお悩みは、

他の多くの20代の婚活女性に共通することも沢山あるだろうと思い、

いくつか一緒に考えていけたらなと♪

image

婚活における20代女子のお声。

・まわりの友人が次々と結婚が決まっていき、焦りはじめてきた

・30歳までに結婚したいと思っている

・かつては飲み会や合コンにもよく参加したが、最近声がかからなくなってきた

・職場の男性は、ほとんどが既婚者 もしくは、新入社員。恋愛の対象にならない

・親からの、そろそろ真剣に婚活をしたら?と、心配する声が増えた

・兄弟姉妹が先に結婚が決まり、「あなたは?」と聞かれ、自分もそろそろと意識するようになった   

このようなお声が多い中、ここ数週間で、大変印象的だったのが、

以下のようなお悩みを、意外にも多く伺ったからでした。   

「仕事にやりがいを感じている。20代後半になってくると、仕事の楽しさに目覚め、ここからいよいよ、もっとステップアップしたい、『キャリア』を積みたいと思える時期。その時期に、『結婚』を意識する年代とも重なり、自分の中で、どちらに重きをおくべきか、迷います。結婚も、キャリアも、どちらも諦めたくはないのです。」

私が、結婚相談所を開業した、5年以上前には、

20代のお嬢さんたちは、

「早く結婚したい♪」

「できるだけ婚活が有利なうちに、良い人を捕まえたい。」

「結婚後は、家庭に落ち着いて、子育てに力を注ぎたい。」

「親を安心させてあげたい。」

「仕事に疲れてきました(笑)」 

というお声のほうが、多いような印象がありました。  

月日が経つと共に、

仕事と家庭。

結婚と子育て。

婚活に対する気持ち。

結婚に望むこと。

自分の人生について。 

など、捉え方や希望、率直な思いが、

移ろいでいくものなのかなぁ、なんて感じました。 

何年経っても、あまり変わりのないことも、多くあるとは思いますが(*^^*)   

婚活について、結婚について。 

色々と思いがあり、悩むこともあったり、

悶々とすることもあったり。 

ハッキリとした答えが、自身の中でも出せずに、

ふと立ち止まってみたり。  

複雑なお年頃かなぁと思います。

迷いも悩みも沢山ある、もちろん希望や願いもある。

けれど、実際にアクションを起こすまでには至っていない。 

そういった20代女性が多いことも、

最近よく感じることだったりします。   

 その悶々とした思い。

釈然としない毎日。  

そのままにしていて、自力で答えが出せる日が、やってくるのでしょうか? 

いつかきっと、そのうち。 

自然に任せて、時間が解決してくれるだろう。  

そう、放っておいて、よいものでしょうか?  

時折、ふと考えたり、考えなくなったり。 

時間が出来ては、ちょっと考え、忙しくなっては、また忘れ。  

そんな感じの日々を過ごし、 

いざ、目標にしていた、30歳を、迎える日がやってきた。  

もし、そうなった時に、後悔しないでいられるでしょうか?

 私が心配しているのは、 

後になってから、 

「あ~、あの時、考えるチャンスはいくらでもあった。行動できるヒントが沢山あった。でも、動くことなくいたら、今に至ってしまった。もしあの時、もっと・・・・・」  

そんな風に、もう、戻ることのない時間を悔やみ、

やるせない気持ちになってしまうこと。   

「今のあなた」なら、回避できるのではないか。

  そんなことを心配し、

何か、お手伝いできること、応援できることが沢山あるはず、と、

私は、陰ながら思っているのです。

もちろん、必要以上に心配はいりません。 

30歳を超えたら、またその時になれば、 30代なりの戦い方があります。

20代のそれとは違ってきますが、方法は沢山あります。 

どうか安心してください♪

「でもね」

今しかできないこと』だって、沢山あるのも、また事実です。

そのことは、いくら忙しい毎日をお過ごしであっても、

夢に向かってまっしぐら、夢中な日々であっても、

忘れないでいてほしいなと、そう思うのです。