交際1カ月目で、真剣交際へ発展!

Pocket

こんにちは。

ブライダルサロンブーケの会員様に、嬉しいことがございました。 

40代男性会員様が、30代女性会員様と、交際1カ月目で、
すでに、「真剣交際」に入られました!

真剣交際」・・・ある一定期間、お1人だけにお相手を絞り、結婚に向けて真剣に向き合い交際すること。 
他の異性とのお見合いや交際は、一切おこなわないという意思の表れです。

 デート回数にして、3回目のデートで、
お互いに、「このご縁を先へと進めていくこと」に合意されました。

大人の恋は、始まりからご決断までが、大変スムーズな事が多いです。 
人を見る目も、これまでのご経験から、とても豊かになっていて、お互いに、「大切にしたいこと」が、1点に絞れているケースは、よくあります。  
結果が出るのが早いのは、ポイントが絞れているから。
当然といえば、当然かもしれません。  

婚活をしていると、 お相手に望むことが、だんだんと膨れ上がってくることが、よくあります。  
「こうしてくれたいいのになぁ。」
「もっと、こうだったらいいなぁ。」
「綺麗な人のほうがいいなぁ。」
「イケメンだと嬉しいなぁ。」
「細い人のほうがいいかなぁ。」
「背が低いより、高い人のほうが好みだなぁ。」
「家が近い方がいいかなぁ。」
「デート費用を奢ってくれる人のほうがいいなぁ。」
「出掛ける時に、予約をしてくれている人だと嬉しいなぁ。」
「駅まで迎えにきてくれたら有難いなぁ。」  
してもらえると嬉しいこと。
見た目や希望することで、~があると有難いこと。 
そういうことは、探し始めると、後から後から、いっくらでも出てくるものだと思います。 
追加オーダーのような(笑) 「あっ、あったらいいな」的な(笑)  

でも、これを、逆の目線で考えてみると、いかがでしょうか? 
自分に対し、相手から。 
あれもあったらいいな。
これもあったほうがいいかな。
もうちょっとこうだといいのに。
お金が、体型が、顏が、家が、これもあれも、あっちもこっちも、そっちも、と。   
えーいっ。
なんだか、「注文が多い人だなぁ~。おいおいっ」って、思いますよね!?  
そんな、あれもこれもって言われても。
ちょっと、めんどくさいな~なんて。

人と人とのお付き合いは、何度もブログでお伝えしていますが、「お互い様」なのです。  
お相手に、いくつか気になる点があるのと同じように、自分自身にだって、相手からみて、気になるポイントは、結構あるものだと、あらかじめ思っておいたほうが早いです。  
それをふまえたうえで、 「だよね。そりゃーそうだよね。」って、なってから。  その時点で、ようやく。
はじめて、本当の「お相手選び」がスタートするのかもしれません。 

今回、出会いから1か月経たないうちに、「真剣交際」に入られたカップルの決断力をみて、そのようなことを思いました。  
今一度、考えてみたいものです。 
自分が、結婚に対して、「」を「一番大事」と考えるのか? 
それ以外のことについては、多少、目をつぶれる大きな気持ちで、婚活をしていくと、その後の結婚生活も、心豊かに過ごせるのではないかなぁと♪  
これは、別に、おまけのようなもので、あったら嬉しいけど、なくても大丈夫。
そんな大きな問題ではない。 
でも、「これだけは」譲れないのです。 
その1点は何か、是非、考えてみましょう。

自分の中での、ポイントが絞れてくると、途端に「身軽」になれてぐーんと、ストレスも、今より減りますよ♪ 

(ご参考)

2018年、

一年間のご成婚者様についての統計をまとめたIBJ「成婚白書」です。