先に与えられる人になろう♪

Pocket

11月に入った途端、

お見合い件数が、ぐ~~んっと増加! 

3連休ですものね♪

連休中の楽しみ方について、書いた記事がありますので、

シェアさせて頂きます。「♡連休中『婚活』の進め方♡」  

さて、今年もいよいよ、あと2カ月をきったというタイミングで、 

ここから、婚活の勢いを加速させて、一気に決めていこう

というお気持ちが溢れている婚活会員様たちです。 

素晴らしいです。

婚活会員様たちが積極的に動いて下されば、

その分、私達仲人にも、一層パワーがみなぎってきます。  

ご入会も、ご活動開始も、お見合い成立も、交際スタートも♪

この時期から、クリスマスまで、

例年、集中して増えていく傾向にあります。 

良い流れに乗って、いつも以上に、多くのご縁に触れていき、

素晴らしいご縁を、いち早くゲット! したいものですね。

目の前にやってきた「チャンス」を、

しっかりとものにできる人がいます。  

その人たちの特徴は、  

「自分から、誰かに『よかったらどうぞ♪』と、先に言える人」  

自分が~してほしい。

誰かに、ちょうだい、ちょうだい♪と、

頂こうとするスタンスではなくて、 

まずは、そちらからどうぞ、

よろしければ是非と言えるのです。 

優しい言葉をかけてもらえた側の人は、

もう、これだけで、ズッキューン!

一瞬にして、心奪われちゃうのです。  

え? いいんですか~!? いやーん、優しいわぁ~と。

(そんな単純な) なんてお声が聞こえてきそうですが(笑)  

これが、あるんですっ! 

婚活の現場では、よ~く♪  

この言葉は、気持ちに余裕がないと、なかなか言えない言葉です。  

余裕がないと、

「自分が、より多く、手に入れる方法」や

「自分が、他の人よりも、得をする方法」

などに、目がいきがちです。 

婚活も、いわば、ライバル達に勝たないといけない事もありますし、

精神的にも肉体的にも、ラクな活動ではないので、

余裕がなくなってくることだって、当然でてきます。  

でも、あまり周りが見えていないと、 

「自分」のことだけで、頭がいっぱいになってしまう。

相手のことは、置き去りになっちゃって・・・。 

自分が、大切にされたかどうかは、お相手に、自然と伝わります。 

「よかったら、どうぞ♪」

って言っていただけたか、 

「ごめんなさい、

ここは、自分に優先権がありますので、譲れません。

失礼致します。」という姿勢を貫かれるか。  

婚活のシーンだと、

例えば、うーんと、こんな時とか!?  

お見合い場所や、デートの待ち合わせ場所を決める時。  

これは、結構、その人の考えが、表面化されるシーンです。  

できるだけ、自分にとって移動距離が短くなる場所を選んだり、

基本、相手が自分に合わせてくれるだろうと期待していたり。  

言葉にはしないけれど、

それくらい察してよね。という雰囲気をまとい

自分の希望通りにならないと、

ちょっと、そっぽをむいてしまう。 

あ、機嫌が悪くなっちゃった・・・) 

こういうやり取りに、

男女のカップルは、だんだんと疲れていってしまったり。

ありがちだと思います。 

そっちが私に合わせてよ。

いや、僕だって、仕事で疲れているんだよ。 

なんて、心の声が漏れてきたり。  

男女の言い分って、

きっと、どちらも、間違ってないんじゃないかなーと思って、

いつもお話を聞いています。 

うんうん。 どっちも忙しい。

どっちも疲れてる。

どっちも、自分に合わせてほしい。  

そりゃ、当然だと。 

それは、素直に思ったこととして、思うのは自由。

心の中でそっとね♪ 

それとは別に、いつも忘れてはいけない事があると思うんです。 

1人のオトナとして、

‘お相手と気持ちよく、コミュニケーションを取っていくために’。  

それは、 

「常に、お互い様なんだ」という、お互い様精神。

自分ばかりが頑張っている。

いつも自分が損をする。 

そういう捉え方だと、 

誰かから、何かを、1つでも多く「奪ってやりたく」なって、

無意識のうちに、ちょっと、意地悪な態度に出てしまったり・・・

(こういう状態になると、とっても危険) 

時間はあるのに、

あえて、自分寄りの場所で待ち合わせようと指定したり、

工夫したら空けられた時間も、

「その日はちょっと」と、あえて断ってみたり。  

少しのことで、イライラしたり、

相手に小さな仕返しをしてみたり。  

そういう気持ちだと、

かえって、しんどくなって

さらに当然、相手から好感を持ってはもらえなくて、 

どんどん、ご縁が遠のいていくという、

悪循環に陥ってしまいそう。 

そんなの、しんどすぎるし、本当にもったいない! 

だから、こんな風に、考えてみてはいかがでしょう♪

なんてご提案をしたいと思います。

いいんじゃない。

ちょっとくらい損したーって思っても。

いいんじゃない。

たまには、遠出してみたって。

いいんじゃない。

時々、相手に譲ってみたって。 

 相手より、先に、「よかったら、どうぞ」 って、

一回、試しに言ってみてください♪  

お相手が 「え? いいんですか? ほんとに? ありがとう。」と、

キラキラ喜んでくれたりしたら♪ 

1個譲っただけなのに、

こんだけのことなのに、

こんなに嬉しそうにしてもらえるなんて、って、

逆に、ちょっとワクワクできるかもしれません。 

そこまでわかりやすいリアクションが得られなくても、

見えない部分で、確実に、

良い印象を与えられたんだと思うのです。

その小さな一歩によって♪ 

損するどころか、逆です。

気付かぬうちに、「得」をしているのです。

奪われるどころか、逆に、もらえているんです

そういう、1つの優しさ、譲り合いが、数集まれば、

いつか、もっと、わかりやすい形で、

デーーーッカイ幸せになって、

自分のもとに、かえってくるものだと思います。  

これは、私が、個人的に思っていることと、

多くのご成婚カップルを近くでみてきて感じたことを、

総合してこんなことが言えるんじゃないかな、

という思いで書きました。  

婚活に、

なにか、今よりも、新しい風を吹かせてみたいな♪

そんな風に思っていらっしゃるかたがいれば、

もしよろしければ、 

「先に与えられる人になろう」  

そのために、コツコツ、

「どうぞ♪」のタネを、

地道に撒いていきませんか