カウンセリングで涙ぐむ女性たち

Pocket

こんばんは♪ 

昨日のドラフト会議は盛り上がりました!

熱い思いを、主人がブログにしたためました。

是非、ご興味がある人だけ、ちらっとお読み頂けたら嬉しいです(笑) 

「【ドラフト会議】名古屋大学から初のプロ野球選手」  

さて、日頃、カウンセリングをおこなっておりますと、

時々、お話をされながら、ふいに、涙を流されるお客様がいらっしゃいます。 

男女比で申しますと、涙ぐまれるかたは、全員、女性のかたでした。

(まだ男性で泣かれた人は、お目にかかったことがありません。) 

様々な思いがあったことでしょう。 

・ようやく自分の気持ちを誰かに話すことができた

・「この人は私の気持ちをわかってくれた!」

・今まで知らなかった自分の側面がはじめて垣間見れてとても戸惑っている

・ずっと1人で抑え込み、我慢していた思いが一気にあふれ出した

・カウンセラーが声を掛けた一言が、お客様の気持ちそのものをあらわしていて驚いた

・これでもう大丈夫だと思えて、ほっとして力が抜けた  

このように、 ほっと安心し、心がほどけた時の涙。 

はじめて知った自分の本当の気持ちに対する、驚きや戸惑いの涙。 

飾らない自分の言葉、そのままの自分を受け止めてもらえた嬉しさからの涙。 

誰かの言葉が、そのまま自分の言葉のように自然に受け入れられた瞬間の感動の涙。 

人それぞれに、いろいろな涙の意味があるのだと思います。 

いずれにせよ、ご相談者さま達の気持ちがほぐれ、

お話したことでスッキリ心が軽くなったり、

自信につながったり、前向きに進んでいける勇気になったり、

安心できた時間になったなら、

それは、カウンセラーとしてとても嬉しいことと思います。  

お1人で抱え続けるには、しんどいことって、

実は気付いていないだけで沢山あると思います。 

特に何をしてほしいわけでもない、

ただ、ありのままの思いを誰かに聞いて欲しい。 

そばで、「うんうん♪」って聞いてもらえるだけで、

なんだかほっと、温かい気持ちになれた。 

そのようなご経験が、皆さまにも、一度はおありかもしれませんね。  

「婚活」や「結婚」に関しても、

我慢したり、恥ずかしがったり、

抑え込んだりする必要はまったくありません。 

1人で抱える必要だってありません。 

 急に迷ったり、途中でわからなくなったり、

うまくいったりいかなかったり。 

そんな、ゆらゆらした、もやもやした思いをため込まずに、

是非、お気軽に、プロのカウンセラーにお話いただけませんか。

一歩でも、半歩でも、前に進んでいけるように

今よりちょっとだけでも、気持ちが軽くなれるように

じっくりお話を伺わせていただけたらと思っています。  

もちろん、思いが溢れ、途中で泣いちゃっても大丈夫です♪ 

慣れてます。

どうか気負わず、安心して、肩の力を抜いて、

カウンセリングにお越し下さいね